Home » 未分類 » ★銀行印だからこそ気を付けたい書体選び!これで安心・安全!★

★銀行印だからこそ気を付けたい書体選び!これで安心・安全!★

銀行印の書体選び最近は、ネットバンクや大手行でも銀行印がなくても口座開設が可能となってきています。海外では印鑑などなくても口座開設ができるので、その流れは当たり前だと思います。それでも、まだまだ普通に銀行で口座開設をするなら銀行印の登録が必要な場合はほとんどです。なので銀行印を用意しておいて損はありません。銀行印を登録しておくとメリットもあります。署名よりも偽造が難しく、本人確認の方法が署名よりも厳重なため、悪用のリスクを回避できる可能性が高まることです。口座には大切な金融資産を預けています。手軽さよりも銀行印を使ってリスク回避に努めるほうが賢明でしょう。ただし、銀行印でも三文判などを使っていては意味がありません。というのも安価な印鑑は大量生産が行われているので文字が偽造しやすい仕上がりになっています。せっかく銀行印を用意するならしっかりとセキュリティ性に優れた書体で作成することが重要です。では、銀行印でおすすめとされる書体は、複雑で可読性が低い複製が困難な書体となります。なかでもおすすめされるのは篆書体と印相体です。どちらも常用漢字とは異なるデザインで複雑な字体となっています。男性には印相体が人気あるようです。印相体は八方へ広がっていることから末広がりとして開運的にも良いとされています。お金を預ける印鑑なので縁起が良い方が、お金が貯まる感じがして印象が良いです。いっぽう、女性の場合は篆書体が人気です。字体が細く丸みを帯びているので女性にぴったりの印象を受けます。日本銀行発行のお札の字体も篆書体が用いられており、こちらもお金と関連する書体として縁起が良いですね。あと、書体選びともう一つ、銀行印を作成する際は横彫りで作成すると良いでしょう。横彫りだとお金が上から下に流れ出ずに食い止めるという縁起の点と、印鑑を複数所有しても管理が容易になる点からおすすめです。よくどれが銀行印が区別がつかなくなったという人が多くいるので、管理しやすいよう、横彫りや書体、そしてデザインなど変えて工夫して作成すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>