Home » 未分類 » ★景気が回復して合格者数が減っている今だからこそ公認会計士を目指すべき!!★

★景気が回復して合格者数が減っている今だからこそ公認会計士を目指すべき!!★

公認会計士は、国の政策により人数を増やす対策が実施され、実際にピーク時には4,000人を超える合格者を輩出しましたが、リーマンショックによる景気の低迷や、予想以上に一般企業からの需要が高まらなかったことが原因で、多くの就職浪人生を生む結果となってしまいました。その結果、年々、公認会計士試験も難化し、2013年度の合格率は一桁台の8.9%の1,178名まで落ち込んでいます。受験者数もピーク時の半分まで下がっており、2013年度は13,224名となっています。そんな難易度の高い試験に舞い戻った公認会計士ですが、近年は需要と供給のバランスが落ち着いてきており、これから目指す人にとっては明るい材料も見えてきております。実際、景気の回復により監査法人の採用数も近年増加しています。また、大量合格者を多く生んだ年に監査法人に入所した会計士も、実務経験を満たして修了考査に合格し、大手監査法人から離れているケースが多く見受けられます。したがって、現在の監査法人は、人員過剰の問題を解消しつつ、景気の回復も相まって案件が増加しており求人募集に積極的になっています。もちろん、合格者数は1000人程度の超難関試験なので合格するまでは大変です。しかし、合格後の進路の不安は今までよりも解消されており、卒業後の余計な心配をせずに、受験勉強に集中できるようになりました。ここ2,3年では一番環境の良いなかで勉強ができるので、公認会計士を目指したい人は今がチャンスでしょう。まずは、公認会計士試験に仕組みや内容を知り、そして自分にぴったりの講座を選ぶことが合格への最短ルートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>